冷凍オキアミの針持ちを良くして投げ釣りの釣果をUPする話

冷凍オキアミの針持ち改善記事のアイキャッチ釣り
スポンサーリンク

冷凍オキアミを使っている釣り人の方は多いと思います。

ショアからのサビキ釣りにも使えるし、撒き餌としてもOK。
もちろん船上からの釣りにも使える万能餌

何といっても、冷凍オキアミは安価なのに魚種を選ばずに釣れてくれることが最大の魅力ですよね。

でも、投げることを前提とした『ぶっこみ釣り』で使うと全然釣れない!って思ったことありませんか?

投げ釣りで冷凍オキアミを針に付けると、着水したときの衝撃でオキアミが吹っ飛んでしまうからですね。。(最悪の場合、『針だけがむき出しの状態』で水中に放り込まれた状態になってしまいます。)

『針だけがむき出しの状態』 になってたら、そりゃ釣れるわけないですよね。

オキアミを針(フック)に付ける場合、オキアミの尻尾を切って背側を針の湾曲に沿って差し込むと少しだけ針持ちが良くなります(オキアミの湾曲する方向に逆らって針を付けます。)が、本当に少しだけしか効果はありません。

私も同じように投げることを前提とした釣りをするときの『オキアミの針持ちの悪さ』で結構悩まされました。。。

ハードタイプのオキアミ

ブロックタイプのオキアミと比較するとパックで個包装されたハードタイプのオキアミは量が少なくて少し高価(少しの量で500円~くらい)です。

お金を気にせずに釣りを楽しめる方なら、『マルキューのくわせオキアミスーパーハード』あたりと冷凍オキアミをセットで使っても良いかもしれません。
(冷凍オキアミを遠投カゴに入れて集魚して、フックには 『マルキューのくわせオキアミスーパーハード』 を付けるなど)

でも、色々なタイプのオキアミを使い分けるのはちょっと面倒だし、経済的な負担もかかる!

ということで、ブロックタイプの冷凍オキアミの針持ちをよくする工夫をしてみました。

まず、塩漬けする方法

冷凍オキアミの塩漬け

結論から言うと、冷凍のオキアミを解凍してから塩に漬けておく方法を試しましたが、これはNGです。

単純に塩漬けしても、『水分が無くなりすぎてガビガビ状態になり針に漬けづらくなり、まったく針持ちは良くならない』です

冷凍オキアミのボイル

冷凍オキアミをボイルすると、当然身が締まって針持ちも良くなります。

しかし、身は白っぽくなって色素と集魚成分(匂いとかオキアミのエキス)が抜けてしまうイメージが強くあります。

私はオキアミをボイルする勇気がなく、また上記のようなイメージがあったので冷凍オキアミのボイルはしませんでした。

魚って、オキアミの『匂い』とか生の餌から染み出てくるエキスを敏感に察知しているんだと思うんですよね。。(実際、オキアミを溶かした後にオキアミから出た『オキアミエキス汁』を海に放り込むだけで子魚が沢山寄ってきます。。)

他に良い方法はないかと調べてみると、既製品が販売されているじゃないですか!?

DAIWA『アミノソルト』

300gで1500円前後の商品で、これは元々カワハギ釣りのためのアサリを締めるための釣り具(?)として販売されている商品です。

でも300gで1500円前後ってのは高価すぎて毎回の釣行ではちょっと使いづらい。。
(お金持ちのアングラーさんなら安いもんじゃん!ってなるんでしょうけど・・)

そこで考えたのは既製品の『アミノソルト』って商品名

これって、アミノ酸+塩(ソルト)ってことですよね。

つまりアミノ酸と塩(ソルト)を混ざ合わせたものに漬け込めば同じ効果が出せるのでは?という事。

『アミノソルトを自作したら針持ちもUPできるし、経済的にも良い』という結論にいたりました。

アミノソルトの自作方法

アミノ酸といえば、はい!『味のもと』ですね。

これに塩を配合します。

大体ですが、味の素の割合が7~8に対して、塩(ソルト)を3~2くらい加えます。

これを冷凍オキアミを解凍した後に上からぶっかけて少し漬け置きしておくだけです。

通常の冷凍オキアミはそのまま解凍しただけだと、ふにゃふにゃで指でつまむだけで簡単にちぎれてしまうほどですが、自作アミノソルトで漬け込んだ『魔改造オキアミ』はグミのような感触になります。

これならブッコミ釣りでも使えるし、針持ちが段違いに良くなります。

ぜひお試しあれ

コメント

タイトルとURLをコピーしました